バングラディシュの地下水ヒ素汚染について
SUBSURFACE OCCURRENCE AND CONTAMINATION OF ARSENIC
IN GROUNDWATER OF BANGLADESH
 
 
藤井 孝文1 モハマド・マスド・カリム2
FUJI Takafumi, Md. Masud Karim
1正会員 大日コンサルタント株式会社 (〒500 岐阜市藪田南3-1-21)
2正会員 大日コンサルタント株式会社 (〒500 岐阜市藪田南3-1-21)
 

Abstract
Subsurface contamination of arsenic in the southwestern Bangladesh has threatened severely, which affects health of millions of people. A preliminary estimation reported that 44% of total area of Bangladesh (34 districts) and 53 million people are great risk of this disaster. Experts at Bangladesh Council for Scientific and Industrial Research (BCSIR) found the highest contamination of 14 mg/l in a shallow tube well water of Pabna district and 220 mg/kg of soil in Sylhet district 1). This paper is a preliminary investigation of the recent arsenic calamity in Bangladesh. In organizing the paper, water resources management and geo-hydrological occurrences have been discussed to figure out the reason of contamination. The concentration distribution of arsenic and the stratigraphic occurrence are presented. It is observed that arsenic concentration in tubewell water of 31 districts of Bangladesh contain above the maximum permissible limit (0.05 mg/l). And the concentration of arsenic in tubewell water decreases with the depth of subsurface.

はじめに

バングラデシュでは地下水と土壌がヒ素に汚染され、バングラディシュ全体のおよそ44%(34地区)と5,300万人の農村の人々が、ヒ素中毒の危険にさらされていると考えられる。特にインドの西ベンガル地方の国境に接するバングラデシュ南西部では、土壌と地下水に高濃度のヒ素汚染が確認されている。 
バングラディシュでは、飲料水の85%程度を地下水に依存している。科学産業調査(BCSIR)では、パブナ地区北部の井戸の地下水中に最高で14mg/lのヒ素が検出された。またシルヘット地区の土壌中では220mg/kgのヒ素が検出された。1)世界保健機構(WHO)が定める飲料水中のヒ素濃度の基準値は0.01mg/lである。一方、バングラデシュにおける基準値はこれよりゆるく、0.05 mg/lである。これらの基準値に比して、上記の観測値が以下に高いかが分かる。
ヒ素に汚染された飲料水を摂取することは、まずメラニン沈着、角質化、結膜炎、気管支炎、胃潰瘍を引き起こし、次に神経障害や肝炎を引き起こし、最終的には胃腸炎による壊疽、肝硬変、皮膚癌を引き起こす。
この研究は現在のバングラデシュにおけるヒ素による地下汚染の予備的考察として、バングラディシュ年報に基づいて井戸による灌漑面積の変遷を、18DTP(18 Districit Town Project)のデータに基づいてヒ素濃度の分布について分析したものである。

Key Words : Bangladesh, Arsenic, Geo-hydrological occurrence of arsenic


Arsenic Page